梅雨の晴れ間に、中央保育所の今年の年長児さんたちが初めて図書館に来てくれました。

1回目から雨が降らなくて、ほんとに良かったです。

就学支援サービスとして年長児の子どもたちが保育所からみんなで図書館に来て本を借りる活動も4年目を迎えました。

このサービスを始めて年長児さんが本が好きになったことはもちろんですが、

「年長さんになったら自分のカードで借りられる」と楽しみにしている年中さんがいたり、

また、小学校入学してからも親子で定期的に図書館に来てくれる子が多くなったりと、とてもうれしいことです。

今回は、初めて自分で絵本を選んで借りる日なので、きっと時間がかかるだろうな~と思っていましたら、

みんなさっと選んで、カウンターでは「借ります」ときちんと言えて、感心しました。

その後、大事そうに本のバッグをかかえて帰っていきました。次回は2週間後です。

これから来年の3月まで、楽しく図書館に通って図書館の使い方、本の楽しさをたくさん知ってもらいたいですね。

梅雨の晴れ間に園児たちが来てくれました